お知らせ

小児科かかりつけ医制度のお知らせ

本年4月(H28年4月)より、3才未満の乳幼児の方を対象とした、小児かかりつけ医制度が制定されました。この年齢では病気以外の相談事(予防接種の計画や副作用の相談、アレルギーの相談、発達や発育の相談、家庭内での予期せぬ事故の相談(異物の誤嚥、怪我、やけどなど)も多く、身近な相談は小児科医に任せるとした、国の方針に基づく制度です。

3才以上のお子様も、制度上対象外ですが今まで通り当院をかかりつけ医として受診して頂けます。また3才未満の方で、普段は近所の内科や耳鼻科で受診、困った時のみ当院受診でも全くかまいません。すべてをかかりつけ医で行う義務もありません。強制力ない緩やかな制度です。かかりつけ医登録後も、都合により複数の医療機関受診も可能です。(かかりつけ医の登録は1か所のみ)

医療機関によっては、この制度を採用しない医院も存在します。専門的医療を行う医院(アレルギー、内分泌、小児精神)では、採用されないと思われます。大病院との分業もこの制度の主旨であるため、病院をかかりつけ医と指定する事はできません。

海外では定着している制度ですが、日本ではまだ始まったばかりです。i当院をかかりつけ医としてご希望の方は、受付より説明書をお渡ししますのでご了解された方は同意書の記入をお願いします。

4回以上受診歴(予防接種、乳健を含む)のある方は、本登録
4回未満の受診歴の方は仮登録とし、4回目の受診以降本登録に移行


説明書、同意書をダウンロードして頂きご記入の上受付に提出して頂く事も可能です。

院長 矢守信昭

「かかりつけ診療同意書」をダウンロードする
・WORD:40KB
PDF:77KB

お知らせ一覧に戻る